旅行記ロゴ
旅イメージ
旅行記コピー
旅行記タイトル
top
歴史的景観を伝える農村集落

旅人からひとことメモ
からだもお財布も
疲れない旅が好き!
福住古民家 青木 琴 さん
プチ新婚旅行
● 2015年8月29日(土曜日)・ 11月6日(金曜日)
● 訪問した場所(文化財)
・篠山市福住伝統的建造物群保存地区、西尾家住宅、丸山集落
黒豆パン レポート
◆行程について
第一弾8/29
大阪市内から車で福住伝統的建造物群保存地区へ。昼前の到着。→クワモンペが
行列していたので、あきらめてsasaraiで一服。→一息ついてから丸山集落へ。
→ 15時頃 小西のパンへ行ったものの、
売り切れ閉店済。パンのプーで黒豆パン。→篠山市街の酒井提灯店で夫の仕事の打合せと、
ご夫婦から篠山の昔話を聴く。→大手新丁で夕食。→車で帰宅
第二弾11/6
私は大阪市内から電車で、夫は車で篠山口駅へ。→100円洗車を発見して、あまりの安さに洗車。
→15時 篠山市民センターで事務局の大西さんと待ち合わせ、大西さんの車に夫と二人で乗り込んで、
西尾家住宅へ。→デンテ・ディ・レオーネで夕食。→車で帰宅

飛出しばあちゃん ◆篠山に行って魅力や歴史を感じたことについて
城下町らしく碁盤の目に整った市街地があり、観光客で賑わっていること。
古い建物があばら家にならずに残っている。
田舎なのに食べるところが多い。しかも観光地レベルではなく
「美味しそう!行ってみたい!」と思うお店がいくつもある。
「篠山と言えば黒豆」「篠山と言えば牡丹鍋」と、篠山に行ったことがない人でも何となく浮かぶ。
ブランディングがうまいと思う。

◆印象に残ったご当地グルメは?
「デンテ・ディ・レオーネ」リーズナブルなのに、本格的なイタリアンで大変美味。
「地元の人が、月1回と言わず、月2回来れるような値段設定」というコンセプトにも好感。
西尾家住宅土間
◆印象に残った場所や出来事は?
最も印象深かったのは西尾家住宅。西尾家が代々守ってきたお陰で
約280年の時を経ても人が住める状態で残っていることに感激した。
夫の実家が神社で、古い建物を維持するのがどれほど大変なことか身に染みて分かるようで、
夫も西尾家代々の人々、西尾禎子さんに頭が下がる思いだと語っていた。

◆移動中の思い出は?
飛出し坊やならぬ、飛出しばあちゃんがあったこと。
これを写真に収めるために、車を降りて写真を撮った。

◆旅行中の出会いについて
酒井提灯店の酒井さんご夫婦。もともと仕事で知り合いではあったが、今回初めて篠山の店舗を訪問。
お茶をしながら、ゆっくりと仕事以外の話ができた。
西尾家住宅の西尾禎子さん。80歳を超えているとは思えない明朗で上品な方。
後日、御礼状とお菓子をお送りしたところ、お返しにお菓子を送って下さった。

提灯 ◆篠山のお土産は?
西尾禎子さんに頂いた、西尾酒造で酒の販売用に使用されていた焼き物の酒瓶と、
鳳鳴酒造のお酒(うちの神社のお供えにとくださった)。酒瓶は花瓶にしている。
酒井提灯店の酒井さんご夫婦に頂いた、黒豆煮と黒豆ご飯のもと。

◆篠山、ココが わたしのオススメ!
西尾家住宅とレストラン巡り
ブロガー    
   
Mahina 青木 琴 さん
美味しい店の開拓
・ブログ歴:3年
青木琴 さんの旅行記
●篠山をめぐる
●篠山ブロガー認定
●前半その1
●前半その2
●前半その3
●後半その1
●後半その2
今回の旅行を振り返って
篠山は食べるところが豊富なので、歴史関係の場所だけでなく、レストランもセットで推した方が良いと思う。 「この場所に近い、オススメレストランはこちら、おすすめカフェはこちら」みたいな感じで。 その場合は篠山名産品にこだわりすぎず、大衆受けしそうなレストラン・カフェを推した方が良い。
食べることが好きな人は食べログで店を探す人が多く、評価の高いレストランなら多少遠くても足を運ぶので、 食べログにもっと投稿が増えるような取り組みをしたら良いと思う。    
・個人ブログ: 『青木琴の青きとこ!』
・アドレス:http://ameblo.jp/aoki-koto/
   
   
スペース

この記事(0402)へのコメントをお願いします。  
●ニック・ネーム
(50文字まで)

●コメント(500文字まで)

※事務局が承認するまで反映に時間がかかる場合がございます。
※機種依存文字等での入力はエラーとなります。


   
スペース
スペース
top
スペース

一般社団法人 ウイズささやま トップページへ
スペース