Home  > 篠山市4文化施設  > 歴史美術館  > 埋蔵資料
青パッド 古代のロマンを物語る埋蔵文化財
資料保存のため、一部展示品をご覧いただけない場合がございます


雲部車塚古墳 風土記の昔から拓けた、この地方は「雲部車塚古墳」と呼ばれる前方後円墳をはじめ、 住居跡、寺院跡など多くの遺跡が散在し、それらから発掘された埋蔵文化財は作製技術とともに、 当時の生活文化の高さを物語っています。


青パッド 展示品

漢式鏡・鏡板・環鈴 漢式鏡・鏡板・環鈴
(県指定文化財)

漢式鏡は直径20pの三角縁神獣鏡で、飛禽走獣文と方格半円帯の中に神仙と霊獣を配した、 いわゆる三角縁画文帯対置式神獣鏡です。鏡板は装飾に5個の鈴を付けた轡の一部で、環鈴とともに 古代の馬具の一種であり、古墳時代中期から後期(5〜6世紀)にかけて古墳に盛んに副葬されたものです。

七鈴鏡 (県指定文化財)

七鈴鏡 上宿の宝地山古墳群のうちの2号墳から出土したもので、 直径16.9p、縁に7個の鈴が付いていることから七鈴鏡と呼ばれています。兵庫県下では出土例がなく、 全国的にも数例が知られるのみです。宝地山2号墳は古墳時代後期(5世紀末〜6世紀)の築造であり、 当地域の古代史を解明する手がかりとして極めて重要な資料と考えられまする。

CONTENTS
古代-埋蔵資料
中世-丹波古陶 など
近世1-武具・美術品
近世2-藩窯王地山焼
近代-旧法廷展示
刊行物のご案内

篠山城大書院 青山歴史村 安間家資料館
篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
観光パンフレット
トップページへ